About us フィアスホームの家づくり

03 地震に強い家

フィアスホームの家づくりは地震にも強い構造になっています。
性能表示制度の耐震等級で最高ランクの等級3相当を実現する高強度の構造体に、新開発の制度機能を搭載した「粘震+eパネル」を採用。圧倒的に粘り強い構造が、繰返し発生する地震に対して効果を発揮します。

オール4寸の構造用集成材、金物接合。フィアスホームは高い品質の構造材を、強化した接合方法で、堅牢な躯体の基本を作ります。その躯体の床・壁面を壁パネル等の面材で被い構造を一体化させモノコック構造とすることで、地震や台風に強い構造躯体としています。

  • 柱や筋かいなどの軸材に大きな力が集中して、建物がねじれやすくなる。

  • 床・壁面が一体となり、力が分散されるので地震にも強い。

従来の木造工法で行なっていた「ほぞ」加工では断面欠損による強度低下が考えられます。そうした従来の木造工法のウイークポイントを合理的に解決した金物接合工法です。

「地震に負けない、安心して生活できる住宅を供給する」それが私達の使命のひとつだと考えています。強い構造体と検査体制で高い耐震性能を誇る住宅を建築し、その構造に自信があるからことできる「地震補償付き住宅」。これは、万が一お客様の家が地震の揺れを起因として全壊した場合、一定条件のもとに建て替えを実施するものに、建て替え費用の一部を負担する制度です。

※阪神・淡路大震災及び、新潟中越地震と同程度までの揺れ(計測震度6.6未満)による地震で全壊した場合、最高2,000万円まで建て替え費用の一部を負担します。
※10年の補償期間となります。

猛烈な暴風雨をともなった台風が年に数会上陸する日本。強風で屋根や天井が吹き飛ばされ、全壊に近い被害を受ける家屋も少なくありません。フィアスホームでは屋根部分に「ひねり金物」を採用し、屋根と躯体をがっちりと固定。暴風や突風による屋根の吹き上げを防止し、住まいの安全をしっかりと守ります。

水平構面の剛性が低いと、地震や台風などの大きな外力を受け止められず、建物の変形を引き起こしてしまいます。木造軸組み+パネル工法では、1階・2階の床(土台や床梁など)に厚さ28mmの構造用合板を直接打ち付けて一体化した「剛性床」を採用。床面を一体化することで、ねじれや揺れに強い構造となり、建物全体に加わる力をバランス良く耐力壁に伝え耐震性・耐風性を高めています。

家の基礎となる部分には、建物自体の重さを受け止めるとともに、地震・台風時に架かる瞬間的な負荷をしっかりと地面に伝えなくてはいけません。フィアスホームの基礎は、建物にかかる負荷を地面全体に分散して伝える、鉄筋コンクリートオリジナルべた基礎です。基礎の立ち上がり幅は、住宅金融支援機構住宅の仕様の120mmを大きく上回る160mmを採用。鉄筋のかぶり厚さを大きくすることで、コンクリートの中性化による鉄筋の腐食を防ぎ、高い耐久性を保持します。

性能表示制度の耐震等級で最高ランクの等級3相当を実現する高強度の構造体に、新開発の制震機能を搭載した「粘震+eパネル」を採用。
圧倒的に粘り強い構造が、繰返し発生する地震に対して効果を発揮します。

※一般住宅(耐震等級1相当)と比較した場合でプランや地震の揺れによって低減率は異なります。

「粘震+eパネル」の粘弾性体が、パネルと軸組の間で緩衝材として機能します。
これによってモノコック構造体が粘り強くなり、地震エネルギーを建物全体で吸収して変形量を小さく抑えます。

粘性と弾性の両方の性質を併せ持つ素材。
変形時に併せ持つ素材。変形時にエネルギーを吸収し、熱エネルギーに変える性質があります。

阪神・淡路大震災クラスの大きな揺れと、その余震を想定した実物大実験を防震科学技術研究所にて行い、フィアスホームの地震に対する高い安全性を実証しました。

実験1回目の建物の変形量は、耐震等級3相当の構造体では28.3mm。フィアスホーム粘震住宅の構造体は15.2と約1/2の値となりました。地震による建物の変形を耐震等級3相当の構造体の約1/2に低減できることが実証されました。

実験1回目と実験10回目の建物の変形量の差は、耐震等級3相当の構造体では+89.2mm(28.3mm→117.5mm)に対し、フィアスホーム粘震住宅の構造体は+3.0mm(15.2mm→18.2mm)となりました。繰り返しの地震でも制震性能が持続されることが実証されました。

フィアスホーム岐阜南店

ヤマカトラストホームズ株式会社

〒500-8385 岐阜県岐阜市下奈良1丁目10-1
TEL058-277-0714 FAX058-277-0814

Support Area 対応地域

岐阜市、羽島郡、羽島市、安八郡、大垣市、各務原市、養老町、垂井町、関ヶ原市、山県市、本巣市、瑞穂市、関市、一宮市、稲沢市、一宮市、江南市、春日井市、名古屋市

トップへ戻る